■ノミの予防が必要な理由

ノミは外部寄生虫の一種で、犬に寄生することで、様々な弊害を起こします。
・かゆみのためにひっかいたりかんだりしてしまい、皮膚炎を起こす。
・ノミの唾液にアレルギーを起こすと、背中から腰、尻尾のつけ根にかけて脱毛したり、赤いブツブツができたりする。
・ノミが大量に寄生した場合、吸血により貧血をおこしたり内部寄生虫(条虫)など多くの病気を媒介する。
・犬だけでなく、人間が刺される場合もある。その際、激しいかゆみや皮膚炎を起こすことも多い。
このように、ペットと飼い主の両方を守るため、ノミの徹底駆除が必要です。
また、ノミがいない場合でも、寄生予防対策を行うようにしてください。

■ノミへの対処

犬に寄生するノミは、主にネコノミと言われる種類です。
体に寄生しているノミは成虫で、卵・幼虫・サナギは、犬が普段過ごしている場所や部屋の隅に潜んでいます。
また、ノミは卵からサナギの期間が長いため、犬の体からノミ(成虫)がいなくなったように見えても、室内に潜んでいるノミの卵がふ化してふただび寄生される可能性があります。
そのため、犬の体についているノミだけでなく、その周辺までも徹底的に駆除する必要があるのです。
複数匹飼っている場合は、全頭同時に駆除を行いましょう。

なお、本来ノミは高温多湿な春から夏にかけてが繁殖期となりますが、最近はエアコンなどによって室内の温度が比較的一定に保たれているため、1年中繁殖が可能になっています。前述したような、犬の体とその飼育環境のノミの対策は、年中必要になるでしょう。

■ダニへの対処

犬に寄生する一般的なダニは、マダニと呼ばれる種類です。
マダニは草むらなどに生息しており、散歩などで犬の体にくっつき、耳や顔などの皮膚が薄くやわからい部分に寄生して吸血します。
マダニは1mm程度の大きさですが、血を吸うことで200倍以上にまでふくらみ、黒いイボのように見えます。口でがっちりと皮膚をとらえているため、無理に引きちぎると、口だけが皮膚に残って化膿してしまうこともあります。

マダニが寄生すると激しいかゆみを伴うだけでなく、「バベジア」という寄生虫(原虫)や最近などを媒介します。
バベジア症候群は犬の赤血球を破壊し、命を落とす可能性もあるため、ダニの予防・駆除もしっかりと行う必要があります。

■ノミ・ダニの駆除・予防方法

ノミやダニを駆除する際に大切なのは、まずつぶさないことです。メスの成虫の場合、体内の卵が飛び散ってしまいます。
そうでなくても先述のとおり、部屋中に卵やサナギが落ちている可能性があるので、隅々まで念入りに掃除してください。
その他、効果的な予防策や駆除方法はいくつかありますが、獣医師と相談の上、愛犬に適した方法を選択してください。